オーラと色

オーラの色と意味~オーラは3つの層でできている

オーラとは

オーラとは、体や魂が発しているエネルギーの層です。オーラは体を取り囲む楕円形のような形で存在し、人によって形や色が異なります。

基本的にはすべての人が、虹の7色すべての色を少しはもっていると言われています。そのたくさんの色の中に、その人のメインカラーとなるオーラの色があり、一番大きく体を包み込んでいます。

オーラは国により色々な表現であらわせれ、中国の「気」・インドの「プラーナ」・宗教造形物の「後光」などはすべてオーラをさしていると考えられます。

オーラの層

オーラはいつくかの層でできていますが、主な層は「エーテル体・アストラル体・メンタル体」の3つです。

エーテル体

内層オーラとも呼ばれる、肉体に最も近いオーラの層。

アストラル体

外装オーラとも呼ばれる、感情の影響を受けやすいオーラの層。

メンタル体

最外装オーラとも呼ばれる、想念の影響を受けやすいオーラの層。

※オーラの層はもっと細かく7つの層に分けることもできます。その場合は内側から「肉体、エーテル体、アストラル体、コーザル体、メンタル体、セレスティアル体、キリスト(クライスト)体」となります。

オーラの色と意味

オーラには色があり、その人の性格や特性を表しています。本質的なオーラの色は基本的に変わりませんが、オーラは心の状態や体の状態の影響を受けるため、健康なときは暖色系、弱っているときは寒色系の色がオーラに混じることがあります。

赤色のオーラ

行動派で現実的、自分を信じる

橙色のオーラ

チャレンジ精神旺盛、スリルが好き

黄色のオーラ

陽気で明るい、子どもっぽい

緑色のオーラ

癒しとバランス、やさしい

青色のオーラ

愛と平和、世話好き

藍色のオーラ

深い内省、神秘、精神性

紫色のオーラ

自由、大きな理想家

金色のオーラ

輝き、崇高、知的、先導

銀色のオーラ

伝統、格式、古風、地味