チャクラの色

チャクラと色~7色のチャクラとセラピーへの活用

チャクラとは

チャクラとは、体に点在するエネルギーの基点(エネルギーセンター)です。チャクラは背骨にそって7ヶ所あり、下から7つの番号をあてられています。古代インドから発祥した考え方で、ヨガや東洋医学などでも用いられます。

チャクラはエネルギーの出入り口

チャクラはインドのサンスクリット語で「車輪・円」を意味します。チャクラはエネルギーの出入り口で、エネルギーは脈動しらせん状に回転しながらチャクラを出入りしています。その様子はまるで開いたり閉じたりするハスの花びらのようだと言われます。

チャクラから出入りするエネルギーにはいろいろな呼び名があり、中国では「気」、古代インドでは「プラーナ」と呼ばれます。チャクラの大きさはその人の霊的な成長と関係し、瞑想や気孔などで覚醒することができます。

チャクラの色と性質

7つのチャクラにはそれぞれ色があります。また、それぞれのチャクラには共鳴する「色」や「音」や「香り」が存在します。そのためカラーストーンセラピーやアロマセラピーでは、狙ったチャクラに共鳴する色や香りをつかって、心身に働きかける用法もあります。

☆チャクラとの波動と共鳴については『医師がすすめるパワーストーン―病気を治し魂を癒す「石」の医力』がおすすめです。

スポンサーリンク

これだけは覚えておきたい!7つのチャクラの色と性質

第1チャクラ『ムーラダーラ』●レッド ●ピンク

会陰(生殖器と肛門の間)にある、生きていくための本能的なエネルギーとなり、人生の基盤となるチャクラ。
◆キーワード:生命力、生存欲求、情熱、地に足をつける
◆共鳴する物:【音】ド【香り】ミルラ、ベチバー、フランキンセンス

第2チャクラ『スヴァディシュターナ』●オレンジ

丹田(ヘソの下)にある、精神的に自立し人間関係を築くチャクラ。
◆キーワード:物欲、性衝動、情緒のバランス、相手を尊重する
◆共鳴する物:【音】レ【香り】ローズ、ジャスミン、サンダルウッド

第3チャクラ『マニプラ』●イエロー

みぞおちとヘソの間にある、自分を信頼し人生を切り拓くチャクラ。
◆キーワード:個性と自信、知性、論理性、自分を尊重する
◆共鳴する物:【音】ミ【香り】ジュニパー、ベチバー、ベルガモット

第4チャクラ『アナハタ』●グリーン

胸部の中心にある、愛と思いやりのチャクラ。
◆キーワード:喜怒哀楽、希望、慈愛
◆共鳴する物:【音】ファ【香り】ローズ、ジャスミン、メリッサ

第5チャクラ『ヴィシュダ』●ブルー ●ターコイズブルー

喉仏の下にある、自分を表現し相手に伝えるチャクラ。
◆キーワード:自己表現、創造性、コミュニケーション
◆共鳴する物:【音】ソ【香り】ペパーミント、カモミール、ミルラ

第6チャクラ『アジーナ』●ロイヤルブルー

額の中央(眉間の上)にある、五感を超えた直観とひらめきのチャクラ。サードアイ(第三の目)と呼ばれる。
◆キーワード:内的ヴィジョン、直感、知恵
◆共鳴する物:【音】ラ【香り】ローズマリー、ジュニパー、タイム

第7チャクラ『サハスラーラ』●バイオレット ○ホワイト ○ゴールド

頭頂(百会)にある、大自然・宇宙のエネルギーとつながるチャクラ。
◆キーワード:霊性、直感、超感覚、無欲
◆共鳴する物:【音】シ【香り】ジャスミン、ローズ、ラベンダー

チャクラが開くと健康になる!

7つのチャクラの開き方
photo:jhoc

チャクラはエネルギーの基点(出入り口)なので、チャクラの状態は心身に大きな影響を与えます。チャクラが開いているときはエネルギーの流れがよく、外界から良好なエネルギーを取り入れることができるため、心身が活性化し健康な状態になります。

しかし、チャクラが閉じてしまうとエネルギーの流れが悪くなり、体内に悪いエネルギーが滞ります。そのため、病気になったり活力が低下したり不運を招きやすくなります。

実践!チャクラを開く方法

1.環境を整える
2.呼吸を整える
3.自然や動物と触れ合う
4.ちょっとだけ食事に気をつける
5.パワーストーンの力を借りる
6.人を好きになる
7.声を出す。ポジティブな言葉を発する

詳しくは7つのチャクラの開き方|セラピーノートをご覧ください。

おすすめのチャクラの本

チャクラを活かす―あなたの生命エネルギーの流れをコントロールし、バランスを整える チャクラを活かす―あなたの生命エネルギーの流れをコントロールし、バランスを整える
チャクラって何? 7つの光が輪になって色があって・・ていうのはわかるけどそれがどのようになってるのか、どんな作用なのかをすごくわかりやすく、且つ深すぎず浅すぎずで、理解しやすい内容でした。 チャクラを習得するのには、この本で充分と思います。あともっと詳しく深めていくならアロマや密教や仏教、世界宗教、インド国の事、心霊学等ありますが、一番の入り口がこの本でした。 決して値段は安くはありませんが、実際読めば高くも感じませんでした。(※引用)
はじめてのチャクラ はじめてのチャクラ
「チャクラ」という言葉が最近とても身近になってきていますが、 場所と意味がわかっても、だからなんだろうと思っていました。 それぞれのチャクラのプラス面とマイナス面が解説してあり、 とてもわかりやすく、生き方の本という気がしました。 チャクラを整える瞑想方法ものってます。 とても優しい感じのする本で、とても良かったです。(※引用)