レインボーダイエット

食べ物と色「レインボーダイエット」食物の色からエネルギーがわかる!

食べ物に含まれるエネルギー

「食物は固形の形をした光エネルギーである」
レインボーダイエットの創始者、ガブリエル・コスンスの言葉です。

食べ物には色があります。食べ物の色と、その食べ物に含まれるエネルギーのつながりは偶然ではありません。例えば、赤い色の食べ物にはエネルギーや元気をもらえる食べ物がたくさんあります。

食べ物は、私達がもっとも直接的に身体に取り入れることができる、形のあるエネルギーです。その食品が多くの光(エネルギー)を含むものであるほど、心身を健康にしてくれます。

光をたくさん含む食品とは、有機栽培による緑黄色野菜、青緑色の海草などです。

逆に加工食品、インスタント食品や電子レンジなどで照射加熱した食べ物は、光エネルギーをほとんど失っています。それらを毎日食べていても、カロリーを取っているだけで、エネルギーは取れていません。これら自然のものではない食べ物は、心理的にも悪影響をおよぼし、精神を衰えさせます。身体的にはアレルギーや病気を導き、ひどい場合は死に至ります。

食べ物の色から、エネルギーがわかる

食べ物の色から、そこに含まれるエネルギーがわかります。
そして、私達は無意識に体が求めている食品を選んでいるのです。

緑の野菜を欲しているときは、それに含まれるクロロフィルを体が欲しているときです。クロロフィルは緑色植物に含まれる、新しい細胞の成長を促進する栄養素です。

赤い果物を欲しているときは、ビタミンCを欲しているときです。ビタミンCはアドレナリンの分泌をうながし、エネルギーの元となります。

レインボーダイエット

レインボーダイエットとは、一日を通してチャクラの色に対応した食べ物を取る方法です。私達の一日の(チャクラの)色は、日の出の赤、橙、黄色から、昼の緑、青、日没の紫まで色が変わっていきます。

その色の変化に食べ物の色を合わせていきます。

朝(赤、橙、黄)

多くのフルーツがこれらの色をしているので、フルーツを朝の主食にすると良いでしょう。フルーツは、夜に消化しきれなかった、体内の食物の消化を助ける効果があります。

昼(黄、緑、青)

昼には緑色の野菜を取ると効果的です。

夜(青、紫、白)

夜のメインは紫と白です。夕食は軽く済ませる方が体のためには良いとされています。

白い食物は、すべての光を含む食品として、食事のときは毎回取るようにしてください。ご飯やパンがこれにあたります。