緑のクローバー

グリーンの特徴(色の効果と使い方)

自然のパワーをもつ、癒しとバランスの色

平和を愛しバランスを整える

グリーンは、暖色にも寒色にも属さない中間色です。刺激の少ないこの色は、見る人に安心感を与え、心身のバランスを整える効果があります。

グリーンを好きな人は、マイペースな平和主義者。争いごとを好まず、みんなの調停役としてグループを支えているタイプです。みんなから信頼はされていますが、保守的・受動的な性格で、自分から積極的に動き出すことは苦手な傾向があります。

自己治癒力を高める

グリーンは自然を連想させる色で、自然が持っている成長や再生のパワーを感じ、人が本来もっている自己治癒力を高める効果があります。

人は自然とのつながりが薄くなると自己治癒力が弱まりストレスを感じます。疲れがたまった時は、森林浴に行ったり、観葉植物を置くなどして自然のグリーンに触れるようにしましょう。

第4チャクラ「アナハタ」の色

グリーンは胸部の中心にある第4チャクラ「アナハタ」の色です。愛と思いやりの源となるハートのチャクラです。

グリーンのインテリア効果

気の流れを整える色

風水では「火」や「水」といった建物内の気の流れを大切にしますが、台所やお風呂のように、火と水を同時に扱う場所では気の流れが乱れやすくなります。家の空気に乱れや違和感を感じる時は、台所やお風呂にグリーンを取り入れると、気の流れを整えてくれます。

電気も火のエネルギーに属するため、トイレにグリーンを置くのも効果的です。

グリーンの力を持つパワーストーン

エメラルド(翠玉:すいぎょく)

5月の誕生石。感情を落ち着かせて心身のバランスをとる石です。愛と繁栄の象徴で、古くから治療の石として使われました。

マラカイト(孔雀石:くじゃくいし)

魔よけのパワーをもち、お守りとして愛されてきた石。古代エジプトでは視力と洞察力を高めるために、マラカイトを粉末にしてアイシャドーとして使っていました。ストレスを和らげ気持ちを安定させる効果もあります。

ジェイド(翡翠:ひすい)

5月の誕生石。中国をはじめとする東洋で最も高価な石として尊ばれてきた石です。強い浄化作用をもち、ネガティブな思考から解放する力があります。また、静寂と英知を司る石で、本来もっている自分のペースを大切にできるようサポートしてくれます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で