カラーボトル比較

カラーボトルセラピーの比較:それぞれの主な特徴

起源と主な特徴

オーラソーマ

1983年にイギリスで生まれたカラーセラピーで、ボトル型カラーセラピーの起源ともいえます。オーラやチャクラなど、スピリチュアルな傾向が強いのが特徴です。

オーラライト

オーラソーマから派生したボトル型カラーセラピーの中で、最も愛好者が多いカラーセラピーです。色彩心理学やカラーテストなどをもとにしており、オーラソーマと比べるとロジカル(論理的)な印象を受けるカラーセラピーです。

アヴァターラ

1996年、オーラソーマから派生したカラーセラピーです。細長く持ち運びに適したカラーボトルと、ボトルの数を限定しないリーディングが特徴です。

センセーション

1993年、カナダで生まれたカラーセラピーです。単色のカラーボトルで2本×3組の組み合わせを作るところがオーラソーマなどとは異なります。

「センセーション・トリコロール」というコースもあり、トリコロールでは上下3層に分かれたカラーボトルを使い、中国の五行の思想を取り入れているところが特徴です。

イリス

日本で生まれたカラーセラピーで、カラーボトルに天然石(パワーストーン)の効用を取り入れたカラーセラピーです。

キャメス

カラーとアロマの効用の他に、「ISD個性心理学」を取り入れたカウンセリングをすることが特徴です。