橙(オレンジ)のイメージ

橙色のイメージ

一般的な橙色のイメージ

橙色には高揚して元気なイメージと、秋の色合いのような落ち着いたイメージがあります。

【橙をイメージするキーワード】
元気、陽気、太陽、カジュアルなど

みんなの橙色のイメージ

みなさんから寄せられた橙色のイメージを紹介します。
色のイメージに正解はありません。あなたのイメージも是非コメントください。

気分が高揚して楽しい感じ

橙色といえば「高揚」というイメージがあります。気分が高揚して楽しい感じ、暖かさも感じる好きな色です。また明度が低い橙からは、夕焼けや秋などの落ち着いたイメージを受けます。あとハロウィンのかぼちゃが思い浮かびます。

ほんわかというイメージ

橙色はほんわかというイメージです。それは、たぶん夜に家の窓がオレンジにみえるからです。会社とか、ビルは白とかで、電気やカーテンの色のせいだとおもいますが、それだけじゃないハズと思っています。

オレンジ味のあめちゃんが溶けたイメージ

オレンジ味のあめちゃんが溶けたイメージ。べたべたしていやなんだけどおいしさにやめられず とけててもたべてしまう・・・あとは暖かい・ぬくもりかな。私がオレンジに惹かれるときは新しいことに楽しみと期待が持てているときです。

健全・元気

オレンジは「健全」というイメージがあります。元気なイメージで仕事をしたいときはオレンジのTシャツを着ます。ですが、かなりのコスメフリークなのに不思議とチークも口紅もオレンジ色のものは使ったことがありません。自分向きではないという思い込みがあって。もしかして「健全」はつまらないと考えているのかな。

濃厚な柿の色

オレンジ色、何だか難しいですね。考えこんでしまってなかなか書込みができませんでした。今の時期だからかも知れませんけれども、ぼくがイメージするのは柿の色です。どっしりしていて健全で。とろーりと甘い香りが漂うような濃厚なイメージです。よく熟した柿は、剥いていくと濃いオレンジの下からあかるいオレンジ色が出てきますよね。それから種の周りの艶のあるオレンジ色。バーントシェンナの種が透けるほとんど茶色に見えるところまで、オレンジ色のバリエーションの塊です。それがとろーっとした蜜色の果汁によって全部一緒のものにまとめられて、甘く力強いオレンジシンフォニーを奏でています。
何だか柿の話ばっかりになってしまいました。ただ、ミカンもオレンジ色なんですけれども、あまり「オレンジ色」っぽいイメージがないです。ちょっと白っぽくて柿の色に比べると彩度が低いからかな。どてっとした感じのオレンジ色がぼくのイメージの中のオレンジ色です。