春の色のイメージ

春の色のイメージ

一般的な春の色のイメージ

春は、寒い冬を乗り越えてやってくる出会いと別れの季節。新たな物事がスタートする始まりの季節でもあります。そんな、期待と不安が入り混じったほんのりウキウキする感情を表すように、代表的な春の色はピンクや黄緑などのパステルカラー。あたたかくてやさしい春の日差しのイメージとしてもぴったりの色です。

菜の花のようなビビッドな黄色も、フレッシュで前向きな気持ちを表す春らしい色としてイメージされます。

春をイメージさせる色

・若葉が芽吹いたフレッシュな黄緑色
・菜の花やタンポポのような鮮やかな黄色
・桃の鮮やかなピンク
・桜のやさしいピンク
など。春になると世界が明るくなったように感じます。

みんなの春の色のイメージ

みなさんから寄せられた春の色のイメージを紹介します。
色のイメージに正解はありません。あなたの春の色のイメージも是非コメントください。

パステルカラー全般が思い浮かびます

春といえば黄緑色と桃色。若い葉っぱや桜のイメージでパステルカラー全般が思い浮かびます。
イメージとしては丸のような風のような。しゃぼん玉がやわらかな風にのってサラサラ~と飛んでいくようなイメージです。

お雛様の緋もうせんの赤

春の色と聞いて真っ先に思い浮かぶのが「お雛様」の緋もうせんの赤なんです。北海道は桃の節句の頃はまだ寒く、実際の春の桜だとかのような暖かい淡い色が出てこなくて、その代わり、白やグレーの冬の名残の中にいきなり出てくる緋もうせんの赤がすごく鮮烈で春がくる!という感じが強くします。

淡~いピンク、黄色、黄緑…ひよこたちが走り回っている

「春」と聞いて思い浮かべるのは…桜の花びら…淡~いピンク、黄色、黄緑です。小さい子供や子犬、ひよこたちがはしゃぎながら走り回ってる情景が浮かびます。春は何もかもが新しくなってスタートするというイメージがあって、うきうきする感じが好きです。

夜桜の藍色の中を舞う、桃色の花びら

春といえば・・・桃色と黄色が思い浮かびます。夜桜がとっても綺麗で藍色の中を舞う、桃色の花びらがたまらなく好きです。

明るく軽く優しい色がたくさん浮かんできます

春の色は大好きです。桜や桃の、ピンク。菜の花やたんぽぽの黄色、葉っぱの黄緑。白い花、薄紫の花などなど、明るく軽く優しい色がたくさん浮かんできます。だから好きな季節はときかれると春だなあと思ってしまうのです。実際は、出会いと別れの季節でもあり、現実的に風が強いわ、花粉は飛ぶわで、厳しいものですけどね。

やさしい色

ピンクとか黄色とかやさしい色ですね(by クローバー)