虹色のイメージ

虹色のイメージ

一般的な虹色のイメージ

希望、明るい、虹、など。

「虹色のイメージ」アンケート

アンケートに寄せられた、みなさんにとっての虹色のイメージです。
色のイメージに正解はありません。
あなたの虹色のイメージも、是非下のコメント欄から投稿してください。

虹色のイメージ

虹色というと、大小さまざまな、色々な色の輪っかがたくさん重なり合っているイメージがあります。色々な色の人がいて、色々なところで重なっている。そんなイメージです。
また、鮮やかな虹のスペクトルからは「希望」を感じます。
何種類もの色があること自体大好きなので、虹という題に元気がでました。はっきりした色の虹なら元気とか希望を思うかもしれません。淡い色の虹なら優しさや夢を思うかな。
明るい未来が待っている、夢の色かな。毎日が虹色なら楽しいかもね。
絵を描くときのグラデーションとか、その他もろもろ良く絵に使います。何をイメージして虹色にしてるんでしょうか。「希望」を描きたいのかもしれないし、ちょっと言葉を変えて「光」を描きたいのかな?とも思います。虹はやっぱり「綺麗」なものの象徴みたいな感じもしますし、幻想的で不思議な感じもします。
「虹色」で私は人格者をイメージします。色々な色の持つ人間の側面と、人々に希望を与える、神様に近い・・・近づこうとしている人間の姿が思い浮かびます。
ずばり「虹」そのものです。虹を見たらやっぱり・・・ラッキー!縁起がいいなと思ってしまいます。
ずっと前、ちょっと小高い所に住んでたときに、水源池を見たら大きな虹が2つもかかってて、何人の人が気づいてるかなって思いながら見とれてました。それから、神社に行ったとき、ふと空を見上げたら、真上に虹が見えました。彩雲の一種でしょうか?1年前まで住んでた所はビルの4階で、よく空を見上げてたんですけど、やはり彩雲の一種なんでしょうけど、真上に丸い虹と少し前方に虹が見えて、と~ってもきれいで見とれてたことがあります。それと、仕事である所に行って、1回目はすごくきれいな夕焼けを見て、2回目は大きな虹を見て、空ってホントにきれいだな~って思います。
自然の色というのは、幸せな気分になりますね。
虹と聞いて最初に浮かんだのは虹だったんですけど‥虹‥にじ‥なな色‥カメレオンでした。
子供の時に虹の上を歩いて、雲を食べた夢をみました。いつか実現するかと思ってましたが…。
そんな感じで虹色は子供の時に見た夢です。