カラーレッスン

【色の三資格】色彩検定・カラーコーディネーター・パーソナルカラーの概要

色の資格にもいろいろありますが有名なのは、色彩検定カラーコーディネーター検定、そして色彩技能パーソナルカラー検定の三つの資格検定です。

それぞれの資格の特徴を比較・紹介しますので、自分に合った資格検定をみつけましょう。

色彩検定とは

色彩検定の特徴

色彩検定(しきさいけんてい)とは、公益社団法人色彩検定協会が主催する色の検定試験です。

日本の色の資格の中では最も歴史が長く、知名度・信頼度も高い資格です。

色彩検定はもともと服飾業界から誕生した資格なので、以前は「ファッションやアパレル業界に強い資格」として紹介されることも多い資格でした。

しかし現在では、試験範囲や受験者層も幅広く、色彩にまつわる幅広い知識を認定する資格試験となっています。

また2018年12月からは、これまでの1級・2級・3級の他にUC級(色のユニバーサルデザイン)の資格試験も誕生し、色覚の多様性や高齢者の色の見え方など、時代に合わせて進化する資格試験です。

色彩検定の試験概要

【試験区分】
UC級・3級・2級・1級

【試験日程】
毎年6月と11月の年二回(1級は年一回)

【試験会場】
全国約400の会場(各県で実施されています)

【合格率(2018年データ)】
UC級:92.0%
3級:74.9%
2級:67.4%
1級:42.9%

【検定料(税込)】
UC級:6,000円
3級:7,000円
2級:10,000円
1級:15,000円

カラーコーディネーター検定とは

カラーコーディネーター検定の特徴

カラーコーディネーター検定とは、「東京商工会議所」が主催する資格検定です。

色彩検定と並んで知名度・信頼度の高い色の資格ですが、一般への普及率としては少し色彩検定に劣ります。

3級と2級の試験内容は色彩検定と重なる部分も多いのですが、カラーコーディネーター検定1級は「ファッション色彩・商品色彩・環境色彩」の3分野に分かれており、専門性の高い内容となっています。

商工会議所主催ということで、色彩検定よりも実践的な内容になっており、工業デザインに強い資格と言われます。

カラーコーディネーター検定の試験概要

【試験区分】
3級・2級・1級

【試験日程】
毎年6月と12月の年二回(1級は年一回)

【合格率(2018年データ)】
3級:58.5%
2級:35.1%
1級:37.1%

【検定料(税込)】
3級:5,340円
2級:7,480円
1級:9,620円

色彩技能パーソナルカラー検定とは

色彩技能パーソナルカラー検定の特徴

色彩技能パーソナルカラー検定とは、「NPO日本パーソナルカラー協会」が主催する資格検定です。

パーソナルカラーとは、その人の肌や髪・瞳・頬・唇などに似合う色のことです。

そのためパーソナルカラー検定は、ファッションやアパレル、美容(メイク・ヘアメイク)分野に強い資格となっています。

パーソナルカラーは色の世界でも新しい分野なので資格検定もいくつかありますが、その中で色彩技能パーソナルカラー検定が最も有名な資格です。

色彩技能パーソナルカラー検定の試験概要

【試験区分】
モジュール1(初級:いわゆる3級)
モジュール2(中級:いわゆる2級)
モジュール3(上級:いわゆる1級)

【試験日程】
各級年二回

【合格率】
モジュール1:約70%
モジュール2:約50%
モジュール3:約80%

※モジュール3はモジュール1&2合格者しか受験できないため、合格率が上がっています。

【検定料】
3級:7,000円+税
2級:8,000円+税
1級:11,000円+税

色の資格は役に立つ?

色の資格は国家資格ではないため、資格を取得したからといって仕事がみつかるわけではありません。

私の場合も色彩検定1級の資格が仕事に役に立ったという経験はほとんどありません。話のネタになったり、肩書に(少しだけ)泊がつくくらいです。

しかし、資格を取るための勉強で身につけた知識は、仕事で大いに役立っています。

色を基礎から学び、プロ級の知識まで身につけるために、資格検定は大きな目標になります。

以前、デザイン系の会社で採用面接を担当していた時、履歴書に色彩検定やカラーコーディネーター検定の資格を書いている人に何度か出会いました。

その時も3級や2級の資格はあまり評価の対象にならず、人柄やデザインスキルの方が重視されていました。

ただ、1級まで取っている人は、基本的な知識は持っている&学ぶ力もあるということがわかるので、未経験でも採用につながることがありました。

なので将来の仕事のために、色彩検定やカラーコーディネーター検定の資格を取得しようと考えている方は、迷わず1級をめざしましょう!

資格のために学んだ色彩の知識は必ず役に立ちます。