黄色のイメージ

黄色のイメージ

一般的な黄色のイメージ

黄色は、光や太陽、ひまわりなどをイメージする元気であたたかい色です。しかし、まぶしすぎる黄色は刺激が強く神経を逆なでします。

【黄色をイメージするキーワード】
太陽、ひまわり、レモン、希望、転機、アピールなど

みんなの黄色のイメージ

みなさんから寄せられた黄色のイメージを紹介します。
色のイメージに正解はありません。あなたのイメージも是非コメントください。

存在するもの全部に黄色を感じます

黄色はパワーを感じる色です。絵を描いていた頃はまず紙いっぱいに黄色を塗ってから描いていていました。私はなぜか存在するもの全部に黄色を感じます。パワーを感じるからなのか、光をかんじるからなのか、、、ただ好きな色なだけかもしれません。

普段あまり意識しない色

私にとっての黄色は普段あまり意識しない色です。しかし、人生の転機に必ず出てくる色です。鮮やかな黄色は輝きや栄光のイメージと結び付いています。このあいだやったワークでは、赤の魂をもった緑色の人間が黄色の武器を持っている絵を描きました。その絵はその時の自分のイメージにぴったりでした。黒っぽい黄色はきらいです。なんとも言えないむずがゆさを感じます。

黄色=ひまわり=太陽=元気

黄色=ひまわり=太陽=元気。これが連想するイメージです。自分のラッキーカラーでもあるのでここぞという時は黄色のハンカチを持ちます。

黄色という日本語で感じる黄色は山吹色

ぼくが黄色という日本語で感じる黄色は山吹色です。暖かくやさしい元気な色というイメージがあります。レモンイエローになるとさわやかな感じがしますけれども黄色という言葉では連想しないかな…。ちなみに病室で見る花の色としては黄色が一番と思っています。もらうのも贈るのもお見舞いはいつも黄色い花です。

高音に近い色

黄色は高音に近い色に感じます・・・色と音はイコールじゃないかな?色は音に、音は色に表現できますよね?また、暗い絵に一筋の黄色が使用されている時、又は黄色が下地に使われている時、そこに希望を感じて安心をしたりします。黄色は白に近いものは光、強い黄色ならば自我を感じるかな。そして自然の中に黄色を見る時、何故かとても驚きや感嘆という感情が生まれます。例えば紅葉した葉や花びらが黄色でも何故こんな色が自然界にあるのだろうかと、すごさを感じますね。

目を閉じて、まぶたに写る光

黄色は、太陽>光>洗濯かな・・・。自分の身の回りに原色の黄色ってものはほとんどないよね。でも、想像すると暖かい感じはする。自然の中の黄色には癒しを感じるけど、人工の黄色にはちょっと、イライラしないこともない。目を閉じて、まぶたに写る光が自分の中では黄色らしい黄色って感じがします。

菜の花畑とレモン

こんにちは!私は黄色というと菜の花畑をイメージします。きれいで明るくて春がきたなー!がんばろー!という感じがします。あとはレモンですね。すっきり爽快なイメージです!(mana)