ピンクのイメージ

ピンクのイメージ

一般的なピンクのイメージ

愛情、解放感、幸せ、甘い、幼さ、など。

「ピンクのイメージ」アンケート

アンケートに寄せられた、みなさんにとってのピンクのイメージです。
色のイメージに正解はありません。
あなたのピンクのイメージも、是非下のコメント欄から投稿してください。

ピンクのイメージ

ぼくのピンクのイメージは、桜、かわいい、甘い、しあわせ、おいしそう。小さい女の子のイメージとも結びつきます。
ハートのイメージもありますね。天国や理想郷など現実感のない「しあわせ」を思う浮かべます(桃源郷というくらいですから)また、甘すぎるイメージが受けつけない時もあります。
コスモス、桃、女の子。女の子っぽくしたい時はよく淡いピンクの服を選びます。
ピンクは最も「女の子らしいイメージ」でありながら、ほとんど洋服でピンクのものがないことに気づきました。観察してみると差し色としてピンクは多用されるのに。洋服がピンクというのはあまり見かけません。ピンクが持つ「甘さ」とか「キュートさ」は狭い年齢にしか似合わないのかも。色が人を選ぶってこともあるんですね。
とてもかわいい色だと私は感じる色だけど、みなさんがいうように、甘すぎる、かわいすぎるっていう感じがうけつけない人もいるのかなと思う色です。濃かったり、薄かったりで随分イメージの変わる色ですね。
思い浮かぶもので変わったものでは、デパートの寝具売り場とか、ベビー用品とか、シーツとか。でも最初に浮かぶのはやはりストロベリー味です。
ピンクというと、私もコスモスとか桜をイメージします。可憐な感じがします。ハートはピンクで塗ってしまったりします。あとは、NOVAうさぎとか・・・
私がピンク色と聞いて初めてイメージしたものはブタでした。もともとくまのプーさんが好きなのでその中のピグレットというブタを思い出しました。それから、ピンクについて少し考えてみると淡いピンクは優しく儚いイメージ、桜とか桃とか‥濃いピンク(例えばショッキングピンクとか‥)はケバケバしいイメージが浮かんできました。

おすすめの心理&セラピーの講座

学び方や学ぶ目的からあなたにピッタリの講座をみつけます!→おすすめ心理講座一覧

参考・おすすめの本

史上最強カラー図解 色彩心理のすべてがわかる本
色彩心理のすべてがわかる本
色と心の関係や暮らしで役立つ色彩術など、色の魅力が伝わる本です。
日本の色・世界の色
日本の色・世界の色
487色の名前と関連情報が紹介された本。写真も多くイメージが膨らみます。
美しい花言葉・花図鑑‐彩りと物語を楽しむ‐
美しい花言葉・花図鑑
季節で分類された花言葉の図鑑。色別の花言葉もとても参考になります。