みんなの色彩イメージ

白のイメージ

白のイメージ

一般的な白のイメージ

純粋、はじまり、など。

「白のイメージ」アンケート

アンケートに寄せられた、みなさんにとっての白のイメージです。
色のイメージに正解はありません。
あなたの白のイメージも、是非下のコメント欄から投稿してください。

白のイメージ

白のイメージとしては、壁のイメージがあります。家やビルなどの壁。なんとなく無機質で感情を感じない建物のイメージです。
他にはちょっと光ったようなもの、月や晴れの日の雲など。旅立ちやスタート、心機一転といった「はじまり」の感じも受けますね。白は紙の色として多いので背景として使われがちですが、黒い紙に白のクレヨンで絵を描くのが好きです。
真っ白・・・何も無い。「無」「ゼロ」という感じでしょうか。あと、穢れない感じもしますね。
此処から何かを描き始める時は真っ白なキャンパス。もう一度、描きなおす時もまた真っ白なキャンパスに戻しますよね。
白のイメージは花嫁さんのウエディングドレスみたいな純白の感じがします。あと、雪とか・・・。
白ってどんな色でも染まるし、どんな色も消せる感じがします。
紅白で使うならめでたい感じですが、白黒はお葬式っぽいので組み合わせでも変わりますね。
よい印象としては純粋、清潔、正直、少し良くないイメージでは染まりやすい、イメージです。
今の私には「白」のイメージは光を感じます。何でも包み込んでくれるやさしさかな。自己主張するはっきりした色も時には必要だけど、光のようなやさしさを持った人間になりたいなぁ・・・なんて思います。
私も「雪」のイメージが最初に浮かんできました。最近、雪国に遊びに行きたいなあという気持ちがあったからでしょうか。そのせいか冷たい印象、あとは綺麗、繊細というイメージが浮かびました。
白は「天使」のイメージです。

色彩の力を学ぼう!

色の効果や使い方が楽しく学べる「たのまな」の人気講座。色をとおして心が元気になったり、仕事や私生活に活かす方法が身につきます。

» 色彩検定はこちら
» 色彩セラピーはこちら
» パーソナルカラーはこちら

参考・おすすめの本

史上最強カラー図解 色彩心理のすべてがわかる本
色彩心理のすべてがわかる本
色と心の関係や暮らしで役立つ色彩術など、色の魅力が伝わる本です。
日本の色・世界の色
日本の色・世界の色
487色の名前と関連情報が紹介された本。写真も多くイメージが膨らみます。
美しい花言葉・花図鑑‐彩りと物語を楽しむ‐
美しい花言葉・花図鑑
季節で分類された花言葉の図鑑。色別の花言葉もとても参考になります。