色の見え方の不思議

色の見え方の不思議

辺縁対比(へんえんたいひ)

同じ色なのに、となり合う色との境目(縁)の部分が、ちがう色に見える現象です。

ハーマングリッド

縦横の白線が交差するところに、ぼやっとした灰色の影が見える現象です。

エーレンシュタイン効果

縦横の格子の交差するところを切り抜くと、その場所に白い丸が見えるという現象です。

ネオンカラー現象

エーレンシュタイン効果で用いた絵の、切り抜いた部分を別の色で十字につなぐと、色が光を放つように丸く広がって見えるという現象です。

面積効果

面積が大きくなると、明るい色はより明るく、暗い色はより暗く、鮮やかな色はより鮮やかに見える現象です。

カテゴリー/暮らしの中の色彩学