空が青い理由

空が青い理由

空はなぜ青色なのか

子どもの時に思ったことがありませんか?「空はなぜ青いのだろう」と。
空が青いことには、太陽の光が関係しています。

太陽光にはすべての色が含まれています。
波長の長いものから順に「赤・橙・黄・緑・青・藍・紫」…虹の七色ですね。
本当はもっとたくさんの色が含まれているのですが、人の目では識別しきれないので、日本ではこの七色とされることが多いです。

光がものに当たったとき、波長のちがいにより反射の仕方がちがいます。波長が長いものより、波長が短いものの方が反射しやすいのです。

太陽の光が地球にとどいたとき、空気中の小さいチリにぶつかって反射します。このとき、波長の短い「青」付近の光は反射しやすく、いろいろな方向へ反射します。この乱反射を「散乱(さんらん)」といいます。

太陽の光が地球にとどいたとき、空一面に青色の光が散乱されることにより空が青く染まる…だから空は青く見えるのです。

宇宙から見た地球の色

「やっぱり地球は青かった」

人間で初めて宇宙へ飛んだ、ソ連のガガーリンの有名な言葉です。
宇宙から見た地球の色は青なのです。しかし、これは地球に水が多いからではありません。

宇宙から見た地球が青いのは空が青いのと同じ理由です。
ガガーリンは青の光が散乱した地球の空を上から見たのです。

夕焼けが赤い理由

それでは、夕焼けのとき空が赤く染まるのはなぜでしょうか。

夕方、太陽は地平線近くにあり、斜めに光が差し込みます。斜めに進むということは、真っ直ぐの時と比べ、太陽光が大気中を進む距離が長くなります。

すると、散乱しやすい青い光は散乱しきってしまい、地表までとどかなくなります。そして、散乱しにくい赤系の光だけが地表にとどくことにより、人の目には赤系の光が見えるのです。

朝焼けが赤いのも、夕焼けとまったく同じ理由です。
写真だけでは朝焼けと夕焼けを見分けることはできません。