サンキャッチャーでカラーセラピー

サンキャッチャーでカラーセラピー(光の力と風水効果)

サンキャッチャーとは

サンキャッチャー(Sun Catcher)とは、窓辺につるして室内に太陽の光を取り入れるアクセサリーです。

多角形にカットされたサンキャッチャーに太陽光が当たると、キラキラとたくさんの小さな虹が発生します。

サンキャッチャーは虹を生み出すことから「レインボーメーカー」(Rainbow Maker)とも呼ばれます。


☆虹がどのように出るかは、商品ページで動画を見ることができます。

サンキャッチャーの起源

サンキャッチャーの起源にはいくつか説があります。

「冬季の日照時間が少ない北欧で太陽光を少しでも部屋の中に取り込もうとして作られた」という説や、「北米のネイティブ・アメリカンがお守りとして使っていた」という説など…

起源ははっきりしませんが、サンキャッチャーは昔から、幸せを運ぶお守りや光を取り入れるインテリアとして使われてきました。

サンキャッチャーの効果

虹を生み出し幸せを運ぶ

サンキャッチャーは光を取り入れ虹を生み出すことから、室内に幸せを運ぶ効果があるとされます。またサンキャッチャーは、太陽の当たらない場所では、太陽の代わりになると言われています。

風水とサンキャッチャー

風水ではサンキャッチャーで「陽」の運気を取り入れることにより「光を与えて邪気を祓う」効果があるとされます。

お店やサロンのように多くの人が出入りする場所では、室内の気が乱れやすくなります。知り合いのサロンでは、室内の気を整えるために複数のサンキャッチャーをつるされていました。

サンキャッチャーの楽しみ方

サンキャッチャーの楽しみ方には大きく2種類あります。

光を取り入れ虹を生み出す

1つは室内に虹を生み出すレインボーメーカーとしての楽しみ方です。

幾つものクリスタルガラスをつなげることにより、より美しい輝きを放つサンキャッチャーもあります。

光が当たっていないとき

サンキャッチャーに光が当たっていないときは、サンキャッチャー自身の輝きを楽しむことができます。

天然石と組み合わせてカラーセラピー効果を高めたり、木やフレームと組み合わせてインテリア性を高めたサンキャッチャーもあります。

 

サンキャッチャーは、太陽光の当たる東向きの窓辺につるすのが基本ですが、車につるしたり、小型のものを鞄や携帯電話のストラップにつけて持ち歩いたりと色々な使い方ができます。

サンキャッチャーでカラーセラピー

太陽光にはすべての色が含まれており、光を感じることは心身を癒やすカラーセラピーの効果があります。

虹はカラーセラピーでは希望のシンボル。
サンキャッチャーで室内が明るくなると、気持ちも明るく前向きになります。

最近では、自分で作るオリジナルサンキャッチャーも人気です。

カラーリーディングや色彩心理などのカラーセラピー効果を取り入れたサンキャッチャー講座も広まっています。

サンキャッチャーの素材

サンキャッチャーは光をきれいに屈折させるために、高品質なガラスやアクリルが使われています。特にスワロフスキーのクリスタルガラスは品質が良く、サンキャッチャーでもよく使われます。

品質の悪いガラスやアクリルで作られたサンキャッチャーでは、きれいな虹やキラキラを生み出すことができません。購入するときはサンキャッチャーの素材に注意しましょう。