色で変わるひまわりの花言葉

色で変わる向日葵(ひまわり)の花言葉 ~黄色・紫・白

ひまわりの花言葉とその由来

黄色くて大きい太陽のようなひまわりの花は、夏を代表する人気の花のひとつです。

ひまわりの一般的な花言葉は「私はあなただけを見つめる・愛慕・崇拝・あこがれ・情熱・光輝」ですが、花の色や大きさによって花言葉が変わります。

※愛慕(あいぼ)…深く愛し慕うこと

ひまわりの原産地は北米と考えられており、コロンブスの新大陸発見後にヨーロッパに持ち込まれました。当時はひまわりの花姿から「インディアンの太陽の花」「ペルーの黄金の花」と呼ばれていました。日本に伝わったのは17世紀になってからです。

「私はあなただけを見つめる」

ひまわりの花言葉の由来のひとつは、
常に太陽の方に向かう「向日性」を持つことです。

ひまわりというと常に太陽の方を向いているイメージがありますね!しかし実は、それは花がさく前の成長期だけの性質で、立派な花が咲いたひまわりはほとんど東を向いています。

そしてもうひとつ。
ひまわりの花言葉の由来とされる悲しいお話がギリシャ神話にあります。

太陽神アポロンに恋をした水の女神クリュティエ。しかしそれは決して叶うことのない片思いの恋でした。クリュティエは空を駆けるアポロンを毎日泣きながら見つめていました。やがて彼女の足は地面に根をはり、顔は花となり、ひまわりに変わってしまったというお話です。

ひまわりの色と花言葉の意味

黄色いひまわりの花言葉

黄色・オレンジのひまわりの花言葉「願望・未来をみつめて など」

黄色のひまわりには品種や大きさによって細かな花言葉がつけられています。

・サンリッチレモンの花言葉は「願望」
・サンリッチオレンジの花言葉は「未来をみつめて」
・少し小ぶりなサマーチャイルドの花言葉は「元気な子供」
・大輪の黄色のひまわりの花言葉は「にせ金持ち」「憧れ」

しかし、ひまわりというとやっぱり黄色の印象が強いので、黄色のひまわりの花言葉=ひまわりの一般的な花言葉(あなただけを見つめてる・愛慕など)でもいいと思います。

紫色(赤色)のひまわりの花言葉

紫色(赤色)のひまわりの花言葉「悲哀」

赤っぽい紫色のひまわりの花言葉は「悲哀」。明るく元気なイメージの黄色のひまわりとは対象的な花言葉ですね。

白いひまわりの花言葉「ほどよき恋愛」

白いひまわりの花言葉「ほどよき恋愛」

日本ではめずらしいのですが、花びらの白いひまわりもあります。白いひまわりの花言葉は「ほどよき恋愛」。黄色に比べると控えめな花言葉です。

日本と世界のひまわりの花言葉のちがい

日本では「あなただけを見つめる・愛慕」の印象の強いひまわりの花言葉ですが、世界に目を向けると、花言葉も変わってきます。

韓国でのひまわりの花言葉は「待っててね」。
そして西洋では、ひまわりに「偽りの富・にせ金貨」という花言葉があります。

その昔、ペルーではひまわりは神聖な花とされており、太陽の神殿に仕える巫女は純金のひまわりの冠を身につけていました。しかし、スペインが侵略した際に、ひまわりの冠は奪われてしまったそうです。その歴史からひまわりに「偽りの富」という花言葉がついたと言われています。

もっと知りたければこちら♪

美しい花言葉・花図鑑‐彩りと物語を楽しむ‐ 美しい花言葉・花図鑑 ‐彩りと物語を楽しむ‐
花の写真が美しい、花言葉の図鑑です。
花色見本帖 (色で探せる花図鑑) 花色見本帖 (色で探せる花図鑑)
花を色で分類し、色から探せる花図鑑。880種の花と草や実を、ピンク/レッド/イエロー・ベージュ/オレンジ・アプリコット/ブラウン・ブラック/パープル/ブルー・ネイビー/ホワイト・オフホワイト/グリーンの9色に分類されています。