色で変わるパンジーの花言葉

色で変わる「パンジー」の花言葉

パンジーは、19世紀に北欧で、野生のスミレを交配させて作られた花です。

本来は春に咲く花ですが、品種改良で耐寒性のあるパンジーが出回るようになったことから、今では冬の庭を彩る花として人気があります。

日本へは江戸時代末期に、オランダの船によって持ち込まれたといわれます。

パンジーの代表的な花言葉は「もの思い、思い出」

パンジーは花の色によって花言葉が変わりますが、「思い」というイメージは共通しています。

パンジーの豆知識

人面草と「はかない恋」

パンジーは、花の形が、前に傾いて考え事をしている人の顔のように見えることから「人面草(ジンメンソウ)」という別名があります。

パンジーという名前も、フランス語の「パンセ(思い/思想)」に由来し、パンジーの代表的な花言葉である「もの思い、思い出」にもつながります。

パンジーには「人面草(ジンメンソウ)」の他にも、「遊蝶花(ユウチョウカ)」、「胡蝶菫(コチョウスミレ)」、「三色菫(サンシキスミレ)」という別名があります。

三色菫という別名は、パンジーの花が「黄+青+紫」や「黄+白+紫」などの3色で構成されることが多いことから名付けられましたが、最近ではニ色や単色のパンジーも多いため、ピンとこないかもしれませんね。

パンジーとビオラの違い

パンジーに似た花にビオラがあります。
実は学術的には同じ花で、かつては大輪のもの(花径5cm以上)をパンジー、小輪のもの(4cm以下)をビオラと呼んでいました。

しかし、複雑に交雑された園芸品種が登場し、パンジーとビオラは明確に区別できなくなってきており、見た目が豪華なのがパンジー、可愛らしいのがビオラとなんとなく曖昧な分け方になっています。

黄色のパンジーの花言葉

黄色いパンジーの花言葉

花言葉は「つつましい幸せ、記憶、田舎の喜び」

鮮やかで明るい黄色のパンジーも、花の形から、どこか素朴でひかえめな喜びを感じます。

【関連】黄色の花の花言葉

紫色のパンジーの花言葉

紫のパンジーの花言葉

花言葉は「思慮深い」

物事を深くしっかりと考えるという意味の花言葉です。

【関連】紫色の花の花言葉

白色のパンジーの花言葉

白いパンジーの花言葉

花言葉は「温順、愛の思い」

温順とは”おとなしく素直”という意味。小ぶりで白い可愛らしいパンジーらしい花言葉です。

【関連】白色の花の花言葉

オレンジ色のパンジーの花言葉

オレンジのパンジーの花言葉

花言葉は「天真爛漫」

黄色に赤みが加わったオレンジは、陽気なイメージになります。

【関連】オレンジ色の花の花言葉

参考文献・おすすめの本

美しい花言葉・花図鑑‐彩りと物語を楽しむ‐ 美しい花言葉・花図鑑 ‐彩りと物語を楽しむ‐
花の写真が美しい、花言葉の図鑑です。紙質がしっかりしており、小ぶりながらずっしりと重たく感じる満足感の高い図鑑です。花は春夏秋冬の四季をベースに分類されていますが、簡単な目的別の索引(愛情を伝えたいときの花言葉、感謝の思いを伝えたいときの花言葉、など)や、贈る時に気をつけたいネガティブな花言葉を持つ花のリスト(30個)などもあります。
花色見本帖 (色で探せる花図鑑) 花色見本帖 (色で探せる花図鑑)
花を色で分類し、色から探せる花図鑑。
880種の花と草や実が9色に分類されています。