色や本数で変わる「薔薇/バラ」の花言葉

色や本数で変わる「薔薇/バラ」の花言葉

バラは古くから人に気持ちを伝える花として人気があり世界中に愛好家がいます。バラの一般的な花言葉は「愛と美」ですが、人気の花だけに多くの花言葉を持ちます。

花の色だけでなく、花やつぼみの大きさ、本数、葉や刺にまで花言葉がつけられているのが特徴です。

赤色のバラの花言葉

赤いバラの花言葉

花言葉は「愛情・情熱・美・あなたを愛します」

バラらしい真っ赤な花は人気が高く、女性へのプレゼントだけでなく還暦のお祝いにも喜ばれます。愛や情熱を表す赤のバラですが、つぼみのバラは花言葉が変わり「純潔・純粋な愛・あなたに尽くします」などの花言葉を持ちます。

また、より深い濃紅色になると花言葉が変わり「死ぬほど恋いこがれています・内気・恥ずかしさ」などの花言葉になります。

【関連】赤色の花の花言葉

ピンク色のバラの花言葉

ピンクのバラの花言葉

花言葉は「しとやか・上品・気品・感謝・温かい心」

優しさの象徴のようなピンクのバラ。
真っ赤なバラだと色がきついかな・・・というやわらかい雰囲気のい女性や先輩の方など、幅広い年齢層に好まれる色です。

【関連】ピンク色の花の花言葉

オレンジ色のバラの花言葉

オレンジのバラの花言葉

花言葉は「無邪気・絆・健やか・信頼」

元気の出るオレンジのバラは、男性へのプレゼントや病気のお見舞いのときなどに適しています。

【関連】オレンジ色の花の花言葉

黄色のバラの花言葉

黄色いバラの花言葉

花言葉は「友情・献身・嫉妬・愛情の薄らぎ・恋に飽きた」

黄色のバラは要注意です。愛情の薄らぎや別れなどをイメージさせる花言葉をもち、黄色のつぼみにも「笑って別れましょう」という花言葉があります。黄色のバラが好きという女性以外には贈らない方が懸命です。

◇ 父の日の黄色いバラ ◇
最近では父の日に「黄色いバラ」を贈る習慣があります。もともとはアメリカで父の日にバラを贈る習慣が生まれたのですが、日本ではベストファーザー賞の「イエローリボン(黄色いリボン)キャンペーン」と合わさり、父の日=黄色いバラのイメージが根付きました。黄色は希望や幸せの色。父の日の贈り物には、黄色+青の組み合わせがよく見られます。

【関連】黄色の花の花言葉

白色のバラの花言葉

白いバラの花言葉

花言葉は「純潔・清純・心からの尊敬・私はあなたにふさわしい」

白いバラには白のイメージにぴったりの花言葉がつけられています。白いつぼみのバラは花言葉が変わり「恋をするには若すぎる・処女の心」などの意味があります。

【関連】白色の花の花言葉

緑色のバラの花言葉

緑のバラの花言葉

花言葉は「穏やか・あなたは希望を持ちえる」

緑のバラはとてもめずらいバラです。「グリーンローズ」という韓国ドラマのタイトルにもなっています。

【関連】緑色の花の花言葉

青色のバラの花言葉

青いバラの花言葉

花言葉は「夢かなう・神の祝福・奇跡・不可能」

バラの花は青の色素を持たないため、古くから青のバラの品種を生み出すことが世界中のバラ愛好家の夢でした。そんな青いバラにつけられていた花言葉は「不可能」。

しかし、2004年にサントリーが世界初の青いバラの開発に成功!そのとき誕生したブルーローズには「夢かなう」という花言葉がつけられました。

ブルーローズ
photo/ブルーローズ

サントリーが開発したブルーローズは、青というより紫に近い色です。上の写真のようなきれいな青いバラは人工的に着色されたものです。

【関連】青色の花の花言葉

バラの本数と花言葉の意味

バラは花の色だけでなく、バラの本数にもそれぞれの花言葉をもっています。

・1本のバラ「一目ぼれ」
・2本のバラ「この世界は二人だけ」
・3本のバラ「告白・愛しています」
・6本のバラ「あなたに夢中」
・7本のバラ「密かな愛」
・11本のバラ「最愛」
・99本のバラ「永遠の愛・ずっと一緒にいよう」
・108本のバラ「結婚してください」
・999本のバラ「何度生まれ変わっても貴方を愛します」

バラの花には様々なメッセージが込められています。
誕生日や母の日、ホワイトデー、プロポーズ、結婚記念日、還暦祝いなど、大切な日の贈り物にぴったりな花です。