茜色(あかねいろ)の色見本
色彩図鑑

茜色(あかねいろ)の色見本

茜色の色情報

色の名前茜色
読み / 綴りあかねいろ
由来 / 概要茜染のようなくすんだ黄赤色
系統色名dp-R (濃い赤)
マンセル値4R 3.5/11
webcolor#b7282d
RGB R(赤):183 
G(緑):40 
B(青):45
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):90 
Y(イエロー):70 
K(ブラック):30

茜色(あかねいろ)

茜色はアカネの根で染める茜染(あかねぞめ)のようなくすんだ黄赤色で、茜染(あいぞめ)と並んで世界で最も古い染料のひとつです。

アカネはもともと、赤根(あかね)=根が赤いことからその名前がつけられた植物で、根に含まれるアリザリンという赤系色素を利用して染色します。

茜色の歴史は古く『魏志倭人伝』にも「邪馬台国の卑弥呼が魏の皇帝から茜色の絹を送られた」という内容の記述があります。

日本に伝わったのは東洋アカネで染められた色ですが、日本原産のアカネは特に日本アカネとよばれます。

日本アカネで染めた色は、外国産のアカネと比べて黄色みを帯びるのが特徴です。

茜色は染色に工数がかかるため、江戸時代には蘇芳(すおう)で代用した似茜(にせあかね)が出回りました。

アカネは英語でマダー(Madder)といいます。

関連する色

茜色(あかねいろ): 濃い赤
ローズマダー(Rose Madder): 濃い紫みの赤

色彩図鑑をご覧いただき
ありがとうございます!

お役に立ちましたらご支援・サポートいただけると嬉しいです。
色彩図鑑にAmazonギフト券を贈る

サポート方法
金額は15円から選択できます
「受取人のEメール」はこちらをご入力願います
コピー
「贈り主」は匿名でもOKです
詳細はこちら
ご支援・サポートについて

送信後にこちらでわかるのはご入力いただいた 金額・贈り主名・メッセージ だけなので、贈り主の個人情報についてもご安心ください。

お贈りいただいたご支援は、色の研究費や取材費に充てさせていただき、みなさまの役に立つ、より良いコンテンツを増やしていきたいと思います。

参考書籍・おすすめの本

福田邦夫/JIS規格の269色をふくむ、日本の色と世界の色の507色が掲載されている本です。写真はなく色見本と文章だけの構成ですが、その分、それぞれの色の由来や歴史などが詳しく紹介されており参考になります。

→ 他にも参考書籍・おすすめの本で紹介しています。