茜色(あかねいろ)の色見本
色彩図鑑

茜色(あかねいろ)の色見本

茜色の色情報

色の名前茜色
読み/綴りあかねいろ
系統色名dp-R(濃い赤)
マンセル値4R 3.5/11
webcolor#b7282d
RGB R(赤):183 
G(緑):40 
B(青):45
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):90 
Y(イエロー):70 
K(ブラック):30

茜色(あかねいろ)

茜色はアカネの根で染める茜染(あかねぞめ)のようなくすんだ黄赤色で、茜染(あいぞめ)と並んで世界で最も古い染料のひとつです。

アカネはもともと、赤根(あかね)=根が赤いことからその名前がつけられた植物で、根に含まれるアリザリンという赤系色素を利用して染色します。

茜色の歴史は古く『魏志倭人伝』にも「邪馬台国の卑弥呼が魏の皇帝から茜色の絹を送られた」という内容の記述があります。

日本に伝わったのは東洋アカネで染められた色ですが、日本原産のアカネは特に日本アカネとよばれます。

日本アカネで染めた色は、外国産のアカネと比べて黄色みを帯びるのが特徴です。

茜色は染色に工数がかかるため、江戸時代には蘇芳(すおう)で代用した似茜(にせあかね)が出回りました。

アカネは英語でマダー(Madder)といいます。

関連する色

茜色(あかねいろ): 濃い赤
ローズマダー(Rose Madder): 濃い紫みの赤

参考書籍・おすすめの本

福田邦夫/JIS規格の慣用色269色、日本やヨーロッパ、アジアの伝統色の色見本、歴史、カラーデータがひと目で分かる色事典の決定版。
永田泰弘/和の色名と西洋の色名のそれぞれを、由来となった事物、色名からイメージされる風景や動植物、鉱物等の写真で紹介した美しい「色名の事典」です。
橋本実千代/色名の由来から心理的効果まで 色にまつわるエトセトラ。「世界でいちばん素敵な教室」シリーズ第14弾。

\ この色をシェアする! /

記事タイトルとURLをコピーする

関連記事