ベビーピンク(Baby Pink)の色見本
色彩図鑑

ベビーピンク(Baby Pink)の色見本

ベビーピンクの色情報

色の名前ベビーピンク
読み / 綴りbaby pink
由来 / 概要欧米の乳幼児の服の色
系統色名pl-R (薄い赤)
マンセル値4R 8.5/4
webcolor#fadbda
RGB R(赤):250 
G(緑):219 
B(青):218
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):20 
Y(イエロー):10 
K(ブラック):0

ベビーピンク(baby pink)

ベビーピンクは乳幼児の肌の色と思われがちですが、実際は欧米で標準的に使われる乳幼児の服の色です。

男の子にはブルーの服、女の子にはピンクの服と使い分けられることも多くベビーブルー(Baby Blue)という色もあります。

ベビーピンクは比較的新しい色名で、一般的に使われるようになったのは1928年以降だそうです。

関連する色

ベビーピンク(Baby Pink): 薄い赤
ベビーブルー(Baby Blue): 明るい灰みの青

参考書籍・おすすめの本

福田邦夫/JIS規格の269色をふくむ、日本の色と世界の色の507色が掲載されている本です。写真はなく色見本と文章だけの構成ですが、その分、それぞれの色の由来や歴史などが詳しく紹介されており参考になります。

→ 他にも参考書籍・おすすめの本で紹介しています。