弁柄色(べんがらいろ)の色見本
色彩図鑑

弁柄色(べんがらいろ)の色見本

弁柄色の色情報

色の名前弁柄色
読み / 綴りべんがらいろ
由来 / 概要インドのベンガル地方の赤土に由来
系統色名dl-O (くすんだ黄赤)
マンセル値8R 3.5/7
webcolor#8f2d12
RGB R(赤):143 
G(緑):45 
B(青):18
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):80 
Y(イエロー):80 
K(ブラック):52

弁柄色(べんがらいろ)

弁柄(べんがら)とはインドのベンガル地方のこと。
ベンガル地方で取れた赤い土から作られた顔料を弁柄(べんがら)とよんていたことが、弁柄色の由来です。

弁柄(べんがら)には耐水性や耐熱性があり、江戸時代の建築物によく使われていました。

関連する色

弁柄色(べんがらいろ): くすんだ黄赤
インディアンレッド(Indian Red): 明るい黄みの赤

参考書籍・おすすめの本

福田邦夫/JIS規格の269色をふくむ、日本の色と世界の色の507色が掲載されている本です。写真はなく色見本と文章だけの構成ですが、その分、それぞれの色の由来や歴史などが詳しく紹介されており参考になります。

→ 他にも参考書籍・おすすめの本で紹介しています。