モーブ(Mauve)の色見本

モーブ(Mauve)の色見本・カラーコード

モーブの色情報

色の名前モーブ
読み / 綴りmauve
由来 / 概要葵の花の色
系統色名st-rP (強い赤みの紫)
マンセル値5P 4.5/9
webcolor#915da3
RGB R(赤):145 
G(緑):93 
B(青):163
CMYK C(シアン):50 
M(マゼンタ):70 
Y(イエロー):0 
K(ブラック):0

モーブ(mauve)

モーブとは葵(アオイ)の花のことです。

この色は1856年に偶然発明された、人類初の化学染料として有名です。

発明したのはイギリスのウィリアム・パーキン(当時18)で、この染料をフランス語で葵を意味する「Mauvein(モーヴェイン)」と名づけました。

それまで貝から採取される天然染料の紫はとても高価なものでしたが、モーヴの誕生で徐々に一般にも使える色となっていきました。

パーキンはモーブの発明後、この染料の特許を取得し、1857年にはこの染料を製造する工場を設立しています。

参考書籍・おすすめの本

参考書籍・おすすめの本の中からランダムで表示中。

近江源太郎/自然に由来した色名を中心に、294項目の色と530色の関連色名が紹介されています。「花の章」や「空や水や火の章」などの分け方が素敵で、幻想的な色彩の世界を楽しめる写真集です。