モーブ(Mauve)の色見本
色彩図鑑

モーブ(Mauve)の色見本

モーブの色情報

色の名前モーブ
読み/綴りmauve
系統色名st-rP(強い赤みの紫)
マンセル値5P 4.5/9
webcolor#915da3
RGB R(赤):145 
G(緑):93 
B(青):163
CMYK C(シアン):50 
M(マゼンタ):70 
Y(イエロー):0 
K(ブラック):0

モーブ(mauve)

モーブとは葵(アオイ)の花のことです。

この色は1856年に偶然発明された、人類初の化学染料として有名です。

発明したのはイギリスのウィリアム・パーキン(当時18)で、この染料をフランス語で葵を意味する「Mauvein(モーヴェイン)」と名づけました。

それまで貝から採取される天然染料の紫はとても高価なものでしたが、モーヴの誕生で徐々に一般にも使える色となっていきました。

パーキンはモーブの発明後、この染料の特許を取得し、1857年にはこの染料を製造する工場を設立しています。

参考書籍・おすすめの本

福田邦夫/JIS規格の慣用色269色、日本やヨーロッパ、アジアの伝統色の色見本、歴史、カラーデータがひと目で分かる色事典の決定版。
永田泰弘/和の色名と西洋の色名のそれぞれを、由来となった事物、色名からイメージされる風景や動植物、鉱物等の写真で紹介した美しい「色名の事典」です。
橋本実千代/色名の由来から心理的効果まで 色にまつわるエトセトラ。「世界でいちばん素敵な教室」シリーズ第14弾。

\ この色をシェアする! /

記事タイトルとURLをコピーする

関連記事