桜色(さくらいろ)の色見本
色彩図鑑

桜色(さくらいろ)の色見本

桜色の色情報

色の名前桜色
読み/綴りさくらいろ
系統色名vp-pR(ごく薄い紫みの赤)
マンセル値10RP 9/2.5
webcolor#fdeeef
RGB R(赤):253 
G(緑):238 
B(青):239
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):10 
Y(イエロー):4 
K(ブラック):0

桜色(さくらいろ)

桜の花のようなごく薄い紫みの赤のこと。
紅染めの最も淡い色です。

現在では、桜の色というと染井吉野(そめいよしの)の花の色をイメージすることが多いと思いますが、桜色ができた頃は桜というと山桜のことでした。

色名のチェリー(Cherry)は桜の実(さくらんぼ)の色で、赤い色になります。

チェリーと桜色はどちらも桜の木からつけられた色名ですが、チェリーは桜の実、桜色は桜の花の色からつけられた名前です。

さくらんぼの実をつける木は西洋実桜(せいようみざくら/Wild Cherry)という桜の一種で、実が大きく白い花をつけるの特徴です。

染井吉野は観賞用の桜で、実はおいしくありません。

桜色

関連する色

桜色(さくらいろ): ごく薄い紫みの赤
灰桜(はいざくら): 明るい灰みの赤
チェリー(Cherry): やわらかい赤

参考書籍・おすすめの本

福田邦夫/JIS規格の慣用色269色、日本やヨーロッパ、アジアの伝統色の色見本、歴史、カラーデータがひと目で分かる色事典の決定版。
永田泰弘/和の色名と西洋の色名のそれぞれを、由来となった事物、色名からイメージされる風景や動植物、鉱物等の写真で紹介した美しい「色名の事典」です。
橋本実千代/色名の由来から心理的効果まで 色にまつわるエトセトラ。「世界でいちばん素敵な教室」シリーズ第14弾。

\ この色をシェアする! /

記事タイトルとURLをコピーする

関連記事