赤(あか)の色見本

赤(あか)の色見本

赤の色情報

色の名前
読み / 綴りあか
由来 / 概要光の三原色のひとつ。明るい様を表す「明し(あかし)」が語源
系統色名vv-R (鮮やかな赤)
マンセル値5R 4/14
webcolor#e6002f
RGB R(赤):230 
G(緑):0 
B(青):47
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):100 
Y(イエロー):78 
K(ブラック):0

赤(あか)

光の三原色(加法混色の三原色)のひとつ。

赤は明るい様を表す「明し(あかし)」が語源となっており、暗い様を表す「暗し(くらし)」=黒の語源と対になっています。

“赤の他人”や”真っ赤な嘘”というように、「明らかな」という語源にそった意味は現在でも残っています。

ちなみに漢字の「赤」は、「大」と「火」が組み合わさってできた文字であり、大きく燃え上がる火の色を表しています。

平安時代までは黄色も赤に含まれていました。

関連する色

日語 赤(あか): 鮮やかな赤
英語 レッド(Red): 鮮やかな赤
仏語 ルージュ(Rouge): 鮮やかな赤

光の三原色

赤(あか): 鮮やかな赤
緑(みどり): 明るい緑
青(あお): 鮮やかな青

参考書籍・おすすめの本

福田邦夫/JIS規格の269色をふくむ、日本の色と世界の色の507色が掲載されている本です。写真はなく色見本と文章だけの構成ですが、その分、それぞれの色の由来や歴史などが詳しく紹介されており参考になります。

→ 他にも参考書籍・おすすめの本で紹介しています。