紅色(べにいろ)の色見本

紅色(べにいろ)の色見本・カラーコード

紅色の色情報

色の名前紅色
読み / 綴りべにいろ
由来 / 概要紅花から抽出される色素の色
系統色名vv-R (鮮やかな赤)
マンセル値3R 4/14
webcolor#d7003a
RGB R(赤):215 
G(緑):0 
B(青):58
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):100 
Y(イエロー):65 
K(ブラック):10

紅色(べにいろ)と紅(くれない)

キク科の越年草(二年草)である紅花(べにばな)の花弁から抽出される色を紅色(べにいろ)といいます。紫みの鮮やかな赤色が特徴です。

紅花はエチオピアやアフガニスタンが主な産地でしたが、インドや中国を経由して、早くから日本にも渡来していました。

もともとは、呉藍(くれあい=呉から伝った藍)が転じた「くれない」とよんでいましたが、近世以降、紅を「べに」とよぶようになりました。

※藍は藍色ではなく染料という意味です。

紅花(べにばな)と紅花染

紅花(黄色)と紅染め

紅花の花びらは黄色ですが、発酵などの工程を経て紅色になります。

紅花はとても高価な上に染色にも工程がかかり、濃い色に染めようとするほど高額になりました。

そのため紅花染で濃く染めた色は禁色とされ、庶民には衣服への使用が禁止されていました。

許し色(ゆるし色)として禁止されない色の限界が「一斤染(いっこんぞめ)」という色です。

一斤染は、紅花の花一斤(いっきん=約600g)で絹一疋(いっぴき=二反)を染めた色で、淡いピンク色になります。

それでも、少しでも濃く染めようとする者が跡を絶たなかったといいます。

日本の国旗「日章旗」の色

日本の国旗は赤と白のイメージですが、1999年に制定された「国旗及び国歌に関する法律」では「地色は白色、日章は紅色」と定められています。

関連する色

紅色(べにいろ): 鮮やかな赤:紅花から抽出された色素の色
一斤染(いっこんぞめ): やわらかい赤:一斤の紅花で絹二疋を染めた色
薄紅(うすくれない): やわらかい赤:薄い紅色
暗紅色(あんこうしょく): 濃い赤紫:黒みを帯びた紅色
退紅色(たいこうしょく): やわらかい赤:薄くくすんだ紅色
真紅(しんく): 濃い赤紫:真の紅色

参考書籍・おすすめの本

参考書籍・おすすめの本の中からランダムで表示中。

永田泰弘/487色の名前が、色の由来になった物の写真とともに紹介されています。写真がとてもきれいで、見ているだけで色が好きになる本です。CMYK値・RGB値・マンセル値・JIS記号も記載されており、辞典としても役立ちます。