生成色(きなりいろ)の色見本

生成色(きなりいろ)の色見本・カラーコード

生成色の色情報

色の名前生成色
読み / 綴りきなりいろ
由来 / 概要糸や生地のそのままの色
系統色名r-y-Wt (赤みの黄みの白)
マンセル値10YR 9/1
webcolor#fbfaf3
RGB R(赤):251 
G(緑):250 
B(青):243
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):0 
Y(イエロー):5 
K(ブラック):3

生成色(きなりいろ)

生成りとは「生地のまま」という意味です。

糸や生地のそのままの色を生成色といいます。

関連する色

生成色(きなりいろ): 赤みの黄みの白
エクルベージュ(Ecru Beige): ごく薄い赤みの黃

参考書籍・おすすめの本

参考書籍・おすすめの本の中からランダムで表示中。

近江源太郎/自然に由来した色名を中心に、294項目の色と530色の関連色名が紹介されています。「花の章」や「空や水や火の章」などの分け方が素敵で、幻想的な色彩の世界を楽しめる写真集です。