古代紫(こだいむらさき)の色見本

古代紫(こだいむらさき)とは?色見本と色のイメージ

古代紫の色情報・カラーコード

色の名前古代紫
読み / 綴りこだいむらさき
由来 / 概要古代を思わせるくすんだ紫色
系統色名dl-P (くすんだ紫)
マンセル値7.5P 4/6
webcolor#895687
RGB R(赤):137 
G(緑):86 
B(青):135
CMYK C(シアン):35 
M(マゼンタ):63 
Y(イエロー):0 
K(ブラック):32

古代紫(こだいむらさき)

古代紫は、古代の色合いを思わせる、少しくすんだ紫色です。

鮮やかな色合いから「今紫(いまむらさき)」ともよばれた江戸紫(えどむらさき)に対照させた色名です。

関連する色・類似色

古代紫(こだいむらさき): くすんだ紫
京紫(きょうむらさき): 強い紫
江戸紫(えどむらさき): 暗い灰みの青みの紫

参考書籍・おすすめの本

参考書籍・おすすめの本の中からピックアップ

永田泰弘/487色の名前が、色の由来になった物の写真とともに紹介されています。写真がとてもきれいで、見ているだけで色が好きになる本です。CMYK値・RGB値・マンセル値・JIS記号も記載されており、辞典としても役立ちます。
すごすぎる図鑑シリーズの色の図鑑。とてもわかりやすく色の理解が深まります。【Kindle Unlimited】なら無料で読めます。