雄黄(ゆうおう)の色見本
色彩図鑑

雄黄(ゆうおう)の色見本

雄黄の色情報

色の名前雄黄
読み / 綴りゆうおう
由来 / 概要硫化ヒ素が原料の顔料の色
系統色名lt-rY (明るい赤みの黄)
マンセル値10YR 8/8.5
webcolor#fde0a5
RGB R(赤):253 
G(緑):224 
B(青):165
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):15 
Y(イエロー):40 
K(ブラック):0

雄黄(ゆうおう)

硫化ヒ素を原料とした黄色の顔料の色です。

日本画の岩絵具の色として使われていましたが、毒性があるため現在は使われません。

関連する色

雄黄(ゆうおう): 明るい赤みの黄
雌黄(しおう): 明るい黃

参考書籍・おすすめの本

福田邦夫/JIS規格の269色をふくむ、日本の色と世界の色の507色が掲載されている本です。写真はなく色見本と文章だけの構成ですが、その分、それぞれの色の由来や歴史などが詳しく紹介されており参考になります。

→ 他にも参考書籍・おすすめの本で紹介しています。