バーントアンバー(Burnt Umber)の色見本

バーントアンバー(Burnt Umber)の色見本

色の名前バーントアンバー
読み・綴りburnt umber
webカラー#7a5e3d
RGB R(赤):122
G(緑):94
B(青):61
CMYK C(シアン):0%
M(マゼンタ):30%
Y(イエロー):50%
K(ブラック):65%
系統色名vd-rY(ごく暗い赤みの黃)

バーントアンバー(burnt umber)

アンバーとはイタリアのウンブリア州(Umbria)のこと。
バーントは「焼いた・焦がした」という意味です。

土を焼くことで顔料の色を濃くしたことから、ローアンバーより暗い色をバーントアンバーといいます。

関連する色

ローアンバー(Raw Umber): 暗い黄
バーントアンバー(Burnt Umber): ごく暗い赤みの黃
アンバー(Amber): くすんだ赤みの黄

同じカテゴリーの色

おすすめの心理&セラピーの講座

学び方や学目的からあなたにピッタリの講座をみつけます!→おすすめ心理講座一覧

\ この色をシェア /

他の色を見る

参考・おすすめの本

日本の色・世界の色
日本の色・世界の色
487色の名前と関連情報が紹介された本。写真も多くイメージが膨らみます。
色の名前事典507
色の名前事典507
507色の名前と色見本の本。写真がない分、解説文が詳しく勉強になります。
カラー・カード ― 色に隠された秘密の言葉
カラー・カード
色のパワーとイメージをテーマにしたオラクルカード。色彩心理と通ずるところがあります。