緋色(ひいろ)の色見本
色彩図鑑

緋色(ひいろ)の色見本

緋色の色情報

色の名前緋色
読み / 綴りひいろ
由来 / 概要茜の根で染めた色
系統色名st-yR (強い黄みの赤)
マンセル値7.5R 4.5/11
webcolor#db4f2e
RGB R(赤):219 
G(緑):79 
B(青):46
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):80 
Y(イエロー):80 
K(ブラック):10

緋色(ひいろ)

日本には古来より赤色の染料として、茜・紅花・蘇芳の三種が用いられてきました。

この内、茜の根で染めたものを緋色とよびます。

元来、赤(あか)と緋(あけ)は同じ意味で、太陽や火の色を表します。

緋色は火をイメージさせることから「火色(ひいろ)」ともよばれます。

色合いの浅い緋色を浅緋(あさひ)、深い緋色を深緋(ふかひ)といいます。

緋色は英語ではスカーレット(Scarlet)といいます。

関連する色

緋色(ひいろ): 強い黄みの赤
浅緋(あさひ): くすんだ黄みの赤
深緋(ふかひ): 暗い黄みの赤
紅緋(べにひ): 鮮やかな黄みの赤
猩々緋(しょうじょうひ): 鮮やかな黄みの赤
スカーレット(Scarlet): 鮮やかな黄みの赤

参考書籍・おすすめの本

福田邦夫/JIS規格の269色をふくむ、日本の色と世界の色の507色が掲載されている本です。写真はなく色見本と文章だけの構成ですが、その分、それぞれの色の由来や歴史などが詳しく紹介されており参考になります。

→ 他にも参考書籍・おすすめの本で紹介しています。