緋色(ひいろ)の色見本
色彩図鑑

緋色(ひいろ)の色見本

色の名前緋色
読み/綴りひいろ
系統色名st-yR(強い黄みの赤)
マンセル値7.5R 4.5/11
webcolor#db4f2e
RGB R(赤):219 
G(緑):79 
B(青):46
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):80 
Y(イエロー):80 
K(ブラック):10

緋色(ひいろ)

日本には古来より赤色の染料として、茜・紅花・蘇芳の三種が用いられてきました。

この内、茜の根で染めたものを緋色とよびます。

元来、赤(あか)と緋(あけ)は同じ意味で、太陽や火の色を表します。

緋色は火をイメージさせることから「火色(ひいろ)」ともよばれます。

色合いの浅い緋色を浅緋(あさひ)、深い緋色を深緋(ふかひ)といいます。

緋色は英語ではスカーレット(Scarlet)といいます。

関連する色

緋色(ひいろ): 強い黄みの赤
浅緋(あさひ): くすんだ黄みの赤
深緋(ふかひ): 暗い黄みの赤
紅緋(べにひ): 鮮やかな黄みの赤
猩々緋(しょうじょうひ): 鮮やかな黄みの赤
スカーレット(Scarlet): 鮮やかな黄みの赤

参考書籍

フランスの伝統色

\ この色をシェア /

* ほかの色を見る *