紫(むらさき)の色見本
色彩図鑑

紫(むらさき)の色見本

色の名前
読み/綴りむらさき
系統色名vv-P(鮮やかな紫)
マンセル値Array
webcolor#8e4898
RGB R(赤):142 
G(緑):72 
B(青):152
CMYK C(シアン):52 
M(マゼンタ):80 
Y(イエロー):0 
K(ブラック):0

紫(むらさき)

ムラサキグサの根(紫根:しこん)から作られる染料の色を紫といいます。

きれいな紫色に染めるには膨大な量の紫根と工程が必要であり、高貴な色とされてきました。

平安時代には濃い紫色は禁色とされ、庶民は薄い紫色しか使うことができなかった歴史があります。

紫の英語は一般的にはパープル(Purple)ですが、バイオレット(Violet)が使われることもあります。

パープルは巻貝の分泌液から採取される赤みの紫色、バイオレットはスミレの花のような青みの紫色です。

パープルも、ひとつの巻貝から少量しかとれないことから高貴な色として扱われてきました。

関連する色

紫(むらさき): 鮮やかな紫
青紫(あおむらさき): 鮮やかな紫
赤紫(あかむらさき): 鮮やかな赤紫
パープル(Purple): 鮮やかな紫
バイオレット(Violet): 鮮やかな青紫

参考書籍

日本の色・世界の色

\ この色をシェア /

* ほかの色を見る *