パープル(Purple)の色見本
色彩図鑑

パープル(Purple)の色見本

パープルの色情報

色の名前パープル
読み / 綴りpurple
由来 / 概要貝紫(貝から採れる分泌液の染料)に由来
系統色名vv-P (鮮やかな紫)
マンセル値7.5P 5/12
webcolor#9b68a9
RGB R(赤):155 
G(緑):104 
B(青):169
CMYK C(シアン):45 
M(マゼンタ):65 
Y(イエロー):0 
K(ブラック):0

パープル(purple)

パープルは日本の紫(むらさき)にあたる基本色彩語のひとつです。

古代から使われている色で、ある種の貝から採れる分泌液が染料として使われていました。

この貝から採れる紫色を貝紫(かいむらさき)といいます。

貝紫は赤みがあるため、英語では赤みの紫をパープルといい、青みの紫をバイオレット(Violet)といいます。

貝紫はひとつの貝から少量しか採取できず、染料として使うには膨大な量の貝が必要でした。

おのずと、紫の染料は高価なものとなり、長いあいだ特権階級だけが使える色でした。

紫=高貴な色というイメージがあるのはそのためです。

骨貝。Vnenus Comb(ビーナスの櫛)
貝紫が採れる骨貝は「Vnenus Comb(ビーナスの櫛)」ともよばれます。

関連する色

紫(むらさき): 鮮やかな紫
パープル(Purple): 鮮やかな紫
バイオレット(Violet): 鮮やかな青紫

参考書籍・おすすめの本

福田邦夫/JIS規格の269色をふくむ、日本の色と世界の色の507色が掲載されている本です。写真はなく色見本と文章だけの構成ですが、その分、それぞれの色の由来や歴史などが詳しく紹介されており参考になります。

→ 他にも参考書籍・おすすめの本で紹介しています。