黄丹(おうに)の色見本

黄丹(おうに)の色見本・カラーコード

黄丹の色情報

色の名前黄丹
読み / 綴りおうに
由来 / 概要紅花と梔子で染めた色
系統色名st-O (強い黄赤)
マンセル値10R 6/12
webcolor#ee7948
RGB R(赤):238 
G(緑):121 
B(青):72
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):65 
Y(イエロー):70 
K(ブラック):0

黄丹(おうに)

黄丹は、紅花(ベニバナ)と梔子(クチナシ)で染めた強い橙色。
「おうに・おうたん」と呼ばれます。

中国から伝わった色で、奈良時代以前から使われていました。

関連する色

丹色(にいろ): 強い黄赤
真赭(まそお): くすんだ黄みの赤
鉛丹色(えんたんいろ): 強い黄みの赤
黄丹(おうに): 強い黄赤
青丹(あおに): くすんだ黄緑

参考書籍・おすすめの本

参考書籍・おすすめの本の中からランダムで表示中。

福田邦夫/JIS規格の269色をふくむ、日本の色と世界の色の507色が掲載されている本です。写真はなく色見本と文章だけの構成ですが、その分、それぞれの色の由来や歴史などが詳しく紹介されており参考になります。