黄丹(おうに)の色見本

黄丹(おうに)の色見本

色の名前黄丹
読み・綴りおうに
webカラー#ee7948
RGB R(赤):238
G(緑):121
B(青):72
CMYK C(シアン):0%
M(マゼンタ):65%
Y(イエロー):70%
K(ブラック):0%
系統色名st-O(強い黄赤)

黄丹(おうに)

黄丹は、紅花(ベニバナ)と梔子(クチナシ)で染めた強い橙色。
「おうに・おうたん」と呼ばれます。

中国から伝わった色で、奈良時代以前から使われていました。

関連する色

丹色(にいろ): 強い黄赤
真赭(まそお): くすんだ黄みの赤
鉛丹色(えんたんいろ): 強い黄みの赤
黄丹(おうに): 強い黄赤
青丹(あおに): くすんだ黄緑

同じカテゴリーの色

おすすめの心理&セラピーの講座

学び方や学目的からあなたにピッタリの講座をみつけます!→おすすめ心理講座一覧

\ この色をシェア /

他の色を見る

参考・おすすめの本

日本の色・世界の色
日本の色・世界の色
487色の名前と関連情報が紹介された本。写真も多くイメージが膨らみます。
色の名前事典507
色の名前事典507
507色の名前と色見本の本。写真がない分、解説文が詳しく勉強になります。
カラー・カード ― 色に隠された秘密の言葉
カラー・カード
色のパワーとイメージをテーマにしたオラクルカード。色彩心理と通ずるところがあります。