丹色(にいろ)の色見本
色彩図鑑

丹色(にいろ)の色見本

丹色の色情報

色の名前丹色
読み/綴りにいろ
系統色名st-O(強い黄赤)
マンセル値10R 5.5/10
webcolor#ed6d46
RGB R(赤):237 
G(緑):109 
B(青):70
CMYK C(シアン):0 
M(マゼンタ):70 
Y(イエロー):70 
K(ブラック):0

丹色(にいろ)

丹(に)とは、赤い土や赤い顔料の意味で、最古の赤色絵の具や塗料の色を総称して「丹色」とよばれていました。

赤土の粘土は、人類最古の酸化鉄顔料として知られており、神社の鳥居などは朱塗りや丹塗りといわれます。

今では聞き馴染みのない色名ですが、その昔「丹」は、「赤」や「朱」とともに赤の色相を表す基本漢字のひとつでした。

関連する色

丹色(にいろ): 強い黄赤
真赭(まそお): くすんだ黄みの赤
鉛丹色(えんたんいろ): 強い黄みの赤
黄丹(おうに): 強い黄赤

参考書籍・おすすめの本

福田邦夫/JIS規格の慣用色269色、日本やヨーロッパ、アジアの伝統色の色見本、歴史、カラーデータがひと目で分かる色事典の決定版。
永田泰弘/和の色名と西洋の色名のそれぞれを、由来となった事物、色名からイメージされる風景や動植物、鉱物等の写真で紹介した美しい「色名の事典」です。
橋本実千代/色名の由来から心理的効果まで 色にまつわるエトセトラ。「世界でいちばん素敵な教室」シリーズ第14弾。

\ この色をシェアする! /

記事タイトルとURLをコピーする

関連記事